宝塚暮らしニュース 2016.05.13 UpDate

FRIDAY MAY 2016

最近あんまり言われなくなった「アベノミクス」って結局何なん???

ど~もこんにちは、宝塚暮らしの三原です。
今日は・・特に何も無いので、ちょっと独り言・・・

最近「アベノミクス」ってあんまり言われなくなったけど・・・結局何なん???
皆さん、憶えてます???
というか、まだまだ「アベノミクス」真っ最中ですよね。

え~っと、アベノミクスは3本の矢があって、「金融緩和」と「財政政策」と「成長戦略」でしたね。

「金融緩和」で言うと、日銀はガンガン攻めてます!「異次元の・・・」と言ってるくらいですからね。ちょっと前に話題になった「マイナス金利政策」もその一つですかね。日銀の介入で円高から円安に誘導出来れば輸出産業が柱の日本の産業は活性化しますし、日銀から民間銀行に沢山のお金が落ちれば民間銀行の動きも活性化されて、日本のお金は動き始めます。お金が動けばあらゆるところに落ちていき、やがてはその恩恵は国民に行き届くはず・・・まだまだ先の話のような気がしますけど・・・

「財政政策」で言うと、子育て支援とか、高齢者対策とか、女性に為の雇用創生とか・・・子育て支援一つ取ってみても、保育所増やして待機児童を無くせ!!と言われていざ作ろうとしても近所のご老人から「子供がうるさくて迷惑だから作るな!」と言われ・・なんてまだまだ棘の道のりみたいですけど・・・

「成長戦略」で言うと・・これが一番見えにくいんですけど、ベンチャー企業の支援とか、観光事業とか、これからの日本の新しいお金儲けを手助けしていこうってことなんですが・・・
そりゃーそうですよね、これ3本目の矢なんで、1本目と2本目がちゃんと的に当たってないとどーにもならんことなんで・・・
まだまだ志半ばの「アベノミクス」なんで、これからに期待したいところですかね~

そんな折に九州で大きな地震が起きてしまい、今は地震で傷んでしまった九州を元気にしていくことが先決です。
皆さん知ってます?地震の影響で、九州向けの旅行企画は大半がキャンセル状態でその数は5月時点で約80万件もあるんですよ。
例えば、1件の旅行の経済効果が10万円だとしても、たったひと月程の間に800億円もの経済効果が失われているんですよ。
だから、1日でも早く九州の皆さんが元気になれる事を心から祈っています。

で、話を「アベノミクス」に戻しますと・・・
3本の矢をわかった上で、今良くない意味で話題の東京オリンピックや賛否両論のTPPの加入についてもちょっとわかる気がします。

オリンピックはやり方次第ではものすごい経済効果を生み出すことが出来るアイテムです。その証拠に、関東を中心に国内海外関係なく多くの資本が流れ込んできています。新しいホテルも出来てるみたいですし。オリンピックが終わっても観光資源の一つになりますしね。
ま~人間ってどこまで行っても所詮「お金」が大好きな欲深い生き物なんで、お金儲けの出来るアイテムがあれば、おのずとそこに群がってきますからね~、良いか悪いかはさて置いて・・・お金が動けば・・やがて国民にその恩恵が・・・

TPPも日本の貿易に係る規制を出来るだけ取っ払ってやりますから、どんどん自由貿易やりましょ!ってことで、そんで加入する国も同じく規制取っ払ってガンガンみんなでお金回しましょ!ってことなんで・・
上手いことやればガンガン儲かりますけど、一歩間違えると大損するかもね・・
でも、それぐらいやらないと、も~ど~にもならないくらいのところまで世界経済が良くないところに来てるのかな~って思います。

そんなこんなで日本に沢山のお金が入ってきて、国民みんなが幸せになれたらいいですね。

最近あんまり「アベノミクス」って聞かなくなってきたので、ちょっと書いてみました。

本日はこの辺で
ページトップへ
お問合せはこちら