宝塚暮らしの賃貸・売買 2016.07.30 UpDate

SATURDAY JULY 2016

土用の丑の日ですね~ヽ(´▽`)/

こんにちは、三原です。

皆さんうなぎ食べました???
私も今日はお家に帰ってうな重です。ヽ(*´∀`)ノ

今日は「土用の丑の日」でございます。

うなぎ

そもそも土用の丑の日にうなぎを食べるって誰が言い出したんでしょうね??

⇒平賀源内さんです!!

源内さん

例えば、チョコレートをバレンタインデーに贈るという一大キャンペーンをうって大成功をおさめたチョコレート業界(一説にはモロゾフや森永製菓)と同じように・・・
売上に伸び悩むうなぎ屋さんが、あるとき平賀源内に相談したそうです。「うなぎ売れないんですが、どーしたらいいんでしょうか?」
元々「土用の丑の日」には「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないというが習慣としてあったのですが、「うなぎは精のつく食べ物だからみんな食べましょう!!」とそこに便乗したところ、思いのほかヒットし、周りのうなぎ屋さんも後に続いた結果、今のような風習が出来たそうです。

うなぎ屋さん

ちなみに「土用」とは、四立(立春・立夏・立秋・立冬)の前の約18日間のことを言います。そして、五行で定められた暦のことを言います。五行とは、木行(春)・火行(夏)・土行(季節の変わり目)・金行(秋)・水行(冬)とそれぞれ季節の象徴とされるものです。
つまり、季節の変わり目の時期ということです。

また、「丑の日」とは十二支の丑のことですが、年を数えるときだけでなく、方角や月、日、時間を数えるのにも使います。
「土用の丑の日」とは、四立のそれぞれ18日間の中の12周期でおとずれる丑の日のことを言います。
ですから、少なくとも年に4回は「土用の丑の日」はあるわけで、時には5回ある年もあります。

でも、うなぎを食べるのは夏だけです。なぜかというと、平賀源内さんが「うなぎを食べよう!!」と言ったのが夏だったから・・
本来うなぎの旬は冬なので、昔は夏にうなぎはあまり売れなかったそうです。
だから、夏にうなぎを売るための、いわば「販売促進」をしたわけです。

うな重

なんか、そんな話を聞くとうなぎ業界に操られているようで気分はよくないですが、それでも夏にビタミン豊富なうなぎを食べることは夏バテ防止にとっても良いので理にかなってますよね!!

今年の夏も相変わらずの猛暑です。
うなぎを食べて、暑くて長い夏を乗り切りましょうヽ(*´∀`)ノ

では本日はこの辺でm(_ _)m
ページトップへ
お問合せはこちら