保険に関するお知らせ 2015.09.22 UpDate

TUESDAY SEPTEMBER 2015

保険のお話 第8回 ~先進医療 最終回~

こんにちは、保険担当の三原です。

本日は先進医療についてのお話の第3回(最終回)です。
前回までで、先進医療についての基本的なことや施設についてお話しましたがので
今回は具体的な治療法についてお話します。

special_01

先進医療と一言でくくってしまうには、その治療の種類と方法はあまりに多く、全てをお話
するのは難しいので、一番代表的なもので「重粒子線治療」についてお話します。

★がん治療に有効な重粒子線治療★

現時点でのがん治療における一番の効果が期待できる治療法です。

重粒子線とは放射線治療の一種で、放射線には大きく分けるとX線やガンマ線といった光子線と陽子線や重粒子線といった粒子線の2つ種類があり・・・・・ちょっとややこしい話になってきましたね・・・・ん~わかりにくいので、めちゃくちゃ大雑把にイメージでお話してみます!!(専門家の方ごめんなさい)イメージ先行なんで正確にはちょっと違いますが・・

一般的にがんの治療で行う放射線治療は光子線のX線治療です。これは字のごとく身体に光を当てます。要するにビームです。なので、ビームを当てられた部分全体がやられますから、身体の内部のがん細胞も攻撃しますが他の細胞もやっつけちゃいます。身体の中にあるがん細胞よりも皮膚や内蔵の方が先にやっつけられちゃうかもしれませんからあんまりきついビームは使えません。

これに対して、重粒子線は字のごとく「粒子」です。で、この粒はある一定のポイントで劇的に効果を発揮します。要するに粒子爆弾です。ただ爆弾を身体の上に置いて爆発させても皮膚がやられるだけなので、超巨大な遠心分離機にかけ(甲子園位の大きさ)光の速度位までぶん回します。光の速度に加速した粒は勢いよく皮膚を貫通しがん細胞を目指します。そしてがんがん細胞に到達したところで粒子爆弾は大爆発します。だから身体は一切痛めることなくがん細胞だけをやっつけることができるのです。身体を痛めませんから強力な爆弾で攻撃出来るわけです。

 

beamimage

 

これ、1回の治療で200万位かかります。でも、200万でがんが治るのならば、死の淵から逃れることが出来るなら・・・

先進医療ってすごいですよね・・・・

てなわけで、先進医療についてはこの辺で・・・

次回はここ最近大雨や洪水など痛ましいニュースが続いておりますので、そんな災害に遭っても安心して頂けるために火災保険についてお話していきます。

 

ではまた
ページトップへ
お問合せはこちら