街の歴史 2017.04.04 UpDate

TUESDAY APRIL 2017

今ちゃんが行く!宝塚練り歩き ~平成の大修繕~

こんにちは~❀宝塚市在住2年目に突入した今里です。

 

うまくお伝えできるかわかりませんが^-^;

今日のブログは、地元情報クローズアップ!

 

3月25日、中筋南の地車(だんじり)の平成の大修繕 入魂記念式典が行われました。

IMG_8288

ううーん!お知らせの紙からでも力強さが感じられる彫刻ですね!

 

中筋南

中筋南というのは、JR中山寺駅の南側、JR福知山線が東西に走っていますが、その南側の地域を言います。

北側は上中筋(かみなかすじ)と呼ばれているようです。

上の地図の右下あたりを赤く囲っているところが八王子神社(はちおうじじんじゃ)と言い、

中筋南のだんじりはいつもこの場所に保管されています。

 

下の写真は当日の入魂式典の様子なのですが、写真左側の倉の中にだんじりが保管されています。

IMG_8273

10月26日に行われる五穀豊穣を願う「秋の例大祭」の時の重要な行事でしか見ることが出来ません。

レアなのです。

 

 

IMG_8295

これが中筋南八王子神社のだんじりです!真っ白で新しくなって迫力がありますね!

このだんじり、明治四年(1871年)から曳行されているようです。

ということは、今が2017年なので、146年近く代々受け継がれているわけですね!

そして地元の方のたくさんの協力のもと、今回の大修繕がかないました。

 

 

IMG_8291IMG_8294

だんじりの上から、もちまきも行われて、大変好評だったらしく秋にも行われるかも・・・?

入魂式に参列した人にはスギのとってもいい香りのする一合マスもいただけました。あ~、いい香り。

 

IMG_8299

だんじりをひくのは、だんじりの運行や祭礼の継承・保存を目的とする八王子会の方々やたくさんのこどもさんです。

阪神淡路大震災の被害を受けた宝塚市では、曳行中止された年もあったり休会の危機があったようです。

しかし今もパレードや祭りなどのイベントが行われ、地域の発展に繋がり、地域の歴史に触れられる機会があります。

先人の歴史を継承して今がある、という文化を大事にする気持ちが育まれた気がしました。

 
ページトップへ
お問合せはこちら