宝塚暮らしニュース 2016.03.05 UpDate

SATURDAY MARCH 2016

さて、5万円の自損事故しました。これ保険使ったほうがいい?(´-ω-`)

こんにちは保険担当の三原です。

なんとなく今日は、自動車保険についてお話を・・・
実はね、この前うちの営業車が軽~いもらい事故に遭いまして・・・殆どキズもついてないんですが、一応修理に出しました。
勿論警察の方にも来て頂いて、きちんと処理しました(#^.^#)

で、自動車保険を使うべきか?どーなのか???
被害者としては保険を使ってもらった方が安心ですよね!なので他者を巻き込んだ賠責事故はきちんと自動車保険を使いましょう。
では、自損事故の場合はどーでしょう?


例えば、バンパーをちょっとこすっただけの被害総額5万円程度の事故をしたとします。この場合は自動車保険を使うべききでしょうか?

皆さんご存知の通り、自動車保険には等級があります。1から20までの等級に分かれておりそれぞれに保険料の割引率が設定されています。保険加入初年度は6(7)等級から始まり、1年間無事故で1等級上がります。逆に事故をしてしまうと(保険を使うと)3等級下がります。つまり、無事故の人は保険料が安くなり、事故をする人は保険料が高くなるわけです。

そして、皆さん、ここから重要です!!!!

この等級は2段階の等級制になっております。事故有り等級と事故無し等級です。そして、同じ等級でも割引率が違います。なんとなく想像はついていると思いますが、事故有り等級の方が割引率は低いです。
通常は事故無し等級で保険料は計算されるのですが、実際に事故をすると(保険を使うと)3年間のペナルティ期間があります。そのペナルティ期間の間は事故有り等級で保険料が計算されるんです。


で、表を参考にして

・現在17等級で、年間保険料が7万円の自動車保険に加入中の人が被害額5万円の事故で保険を使ったとします。
17等級(事故無し)は55%の割引なので、割引前の元保険料は127,000円です。そして、保険を使ったことによって事故有り等級になり、尚且つ3等級下がりますので、翌年の保険料は127,000円×(100%ー31%(事故有り14等級))=87,630円となります。もし、この人が、保険を使っていなかったら・・・・
翌年の保険料は127,000円×(100%ー57%(事故無し18等級))=54,610円となりますので・・・
翌年の保険料の差は実に33,020円もあるわけです!!そして、この事故有り等級は3年間続きます。ざっと計算して、3年間で・・
なんと・・98,000円の金額差がでるわけです!!ヽ(´Д`;)ノ
事故前(保険利用前)の等級によっても差はありますが、大体10万円位までの修理費用の事故ならば、保険を使うよりも自腹で修理した方が安く済むケースが多いんです。\(◎o◎)/!

皆さん、勿論事故に気をつけて安全運転を心がけて頂くのが一番なんですが、もしもの時の自動車保険の使い方もよ~く考えてから使いましょう!!!

では本日はこの辺でm( _ _ )m
ページトップへ
お問合せはこちら