賃貸・売買☆暮らしの豆知識 2015.06.12 UpDate

FRIDAY JUNE 2015

お部屋探しに関する豆知識~引越し業者選び編~

こんにちは、

当店ではお部屋探しと共に、お部屋探しに関する色々なサービスをご紹介しています。

〇ハウスクリーニング  〇インターネット・CATVブロードバンドのご紹介 〇火災保険や生命保険

〇リフォームのご提案などなど・・・・

 

そんな中で、本日はお部屋探しの後に必ずやってくる「お引越し」についての豆知識をご紹介致します。

引越し

~元引越し屋さんが伝授する、表の話と裏の話・・・~

お部屋探しが終わると次は引越し業者選びですよね。

皆さん引越し業者選びはどーしてますか?

多分、よく分からないから知ってそ〜な引越し屋さんを2つか3つ選んで見積を取ってみて、感じが良かった会社か、見積が安かった会社に決めてるんじゃないかな・・・・

そのやり方は強ち間違ってはいないんですが、

ここではいくつかの引越し業者選びの注意点を書いてみようと思います。

★表の話★

〇引越し予定日の候補はいくつか用意しておきましょう!

・引越し料金は、実は定価売りしているところはほとんどありません、荷物の量(トラックの大きさ)とスタッフの人数と混み具合、立地条件などを考慮して、実は見積のその場で決めているんです。なので、決めていた引越し日がたまたま引越し屋さんの忙しい日だと料金は高くなり、たまたま暇な日だと安くなります。同じ引越しなら安い日を狙えるように、引越し日の候補はいくつか用意しておきましょう。

 

〇気になるコトは必ず見積りに記載してもらいましょう!

引越しは、傷をつけることなくちゃんとやってくれて当然!!と思ってませんか?でもね、残念ながら、所詮人のすることなので荷物を落としたり壊したり、うっかりは普通にあります。だから、引越し作業前と作業後の確認は必ずやっておかないとダメなんですが、それ以前に、大切に運んでもらいたいものや、注意して欲しいことは見積の時にしっかりと伝えておきましょう。そして、必ず見積書に記載してもらいましょう。見積りに来た営業マンは見積だけで、実際に荷物を運ぶのは現場作業スタッフです。現場作業スタッフは見積書と営業マンが確認した荷物のチェックリストを見て作業に入ります。「営業の人には言ってましたけど・・・」なんていうトラブルをなくすためにも必ず見積書に記載してもらいましょう。★あと引越し保険に加入しているかどうかも確認しておくことをオススメします

 

〇何かあったら直ぐ電話!!!!!

前項で引越し保険に触れましたが、引越しは生モノなんで荷物やお部屋に傷が見つかってもその場で伝えるか、出来るだけ早く(住み始める前に)しないと事実確認ができなくなってしまいます。保険の保証期間も基本的にはその日限りもものなので、例えば引越しが終わって2週間後に「あっ、傷が!?」なんてことになると、まず保証はしてくれないですよ。

なので、何かあったらすぐの対応を!!

 

じゃあ次は★裏の話です

〇引越し業者はどこも一緒ですよ!!

ちょっと語弊のある言い方ですが・・・大手だから・・地域密着だから・・営業マンがいい感じだから・・・、はっきり言って関係ないです。結局やるのは現場スタッフです。「スタッフはしっかり研修していますから」・・それ社員スタッフだけです。「ウチは専門スタッフだけでアルバイトはいませんから」・・・多分責任者以外はアルバイトです。「自社便で運びますから」・・大抵はそーですが、繁忙期は外注のトラックに載せ替えてます。(全部の会社じゃないですよ)

そーなると、業者の違いってなんですか?ってことになりますよね・・・

違いはほとんどありません。勿論名前も聞いたことが無いとかネットで調べても出てこない会社はちょっと怪しいですが、そーでなければどこもそんなに変わりません。違いが出るのは見積の時にきちんと要望を伝えられているかどーかです。

きちんと運んで欲しい引越し、とにかく安くしたい引越し、こだわりの引越し・・・

形があって無いようなものが引越しです。営業マンと一緒に自分だけの引越しの形を作ってそれを現場スタッフにきっちり伝えることが出来ればきっといい引越しになりますよ!!

 

〇引越し料金はあなたの顔色で決まってますよ・・・!?

「引越し代は高くてもいい引越しがしたいから・・・」なんて言っちゃうと、その引越したかくなりますよ!

「何でもいいから安くしてよ」なんて言っちゃうとほんとに何でもいい安い引越しになりますよ(値段じゃなくて内容が・・)

見積3社呼んだら3社目が一番安かった・・・なんてこと経験ないですか?だって営業マンはお客さんの顔色みて引越し代金決めてますもん。

前項でも触れましたが、引越し代金は見積のその場で決まってます。見積に記載する基本料金は決まってますが、合計金額の上限、下限はありません。この引越しを引き受けたいと思えばガンガン値引きしますし、引き受けたくないと思えば一切値引きしない・・・そんなもんです。ある意味営業マンとの駆け引きですね。

以上の内容をしっかり理解して上手に見積を取って、いい引越しにしてくださいね。

注)あくまで個人的な見解なのであしからず・・

 

引越しの上手な荷造り方法や準備の方法はまた次の機会に・・・・

 

宝塚暮らし   三原
ページトップへ
お問合せはこちら