なべ君の宝塚見聞録 第13回 「小浜宿」

みなさんこんにちは!

もう桜も終わってしまい、日中熱くなって来ましたね~

それでも夜中には多少冷え込むので寒暖の差で体調崩さないようにしましょうね

 

さて今回私が訪れたのは宝塚市【小浜】です。

小浜のエリアの中でも今回は小浜宿を中心にご紹介。

DSC01590DSC01576

【小浜宿】(コハマジュク)って聞いたことありませんか?

見た目に古い家が多く、歴史深そうな雰囲気がプンプンするエリア

市内でも他のエリアとは明らかに違います・・・

DSC01583DSC01589

この小浜のエリアは宿場町として栄えた場所で有名なのですが、

今もその雰囲気は残っており日本の歴史にも少し関わりがあるんです。

 

15世紀末に一向宗によりこの地に【毫摂寺】が建てられ、

DSC01585DSC01587

これを中心に

有馬街道・京伏見街道・西宮街道とが交わる場所ということもあり、交通の要として発展をとげていきます。

DSC01587

 

湯治に有馬へ向かう豊臣秀吉や豊臣秀次も立ち寄ったと言われています。

後に豊臣秀次は【毫摂寺】の娘・亀姫を側室とします。

ですがその後、秀次が失脚し切腹となった際には亀姫を含む秀次の妻子全て処刑されてしまい

毫摂寺も焼き討ちにあってしまいます。

 

その後復興した小浜は江戸幕府からも重要視され【小浜宿】として再び発展していくことになります。

その際には【酒造・小浜流】【大工集団・小浜組】等も出来、

明治頃まで各地にその名のとどろく物流の拠点となっていきます。

DSC01581 DSC01580

あの阪神大震災の際にこの一帯の建物のほとんどが倒れてしまいましたが今では無事復興しております。

小浜宿資料館もあり、そちらでは阪神大震災3日前の小浜の映像が見る事が出来、

この辺りの詳しい話を聞く事も可能です。

DSC01602 DSC01601

DSC01599 DSC01598

 

京都や大阪や神戸もとっても楽しく良い所ですが、

どうでしょう?たまには自分の町の歴史触れてみるのも悪くはないですよ

DSC01369

ではまた!